たばこによる意外な身体の影響って知ってますか?

こんにちは、今回はヘルスケアの情報として「タバコ」の影響について書いていきます。

「喫煙」の画像検索結果

昔から、嗜好品としてあるタバコですが身体に良くないというのは皆さんも知っている事と思いますが、なぜ悪いのか、どのように悪いのかまで詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?

そこで今回はタバコが身体に害する理由について知っていただければと思います。

身近に必ずと言ってもいいほど喫煙者はいると思いますので知っていおいて損は無いと思いますよ♪

喫煙には身体にどんな影響があるの?

たばこの煙には4000種類以上の化学物質が含まれていることが判明しています。そのうち有害と分かっているものだけで200種類以上もあります。またこれらの中には40~60種類の発ガン物質が含まれています。

循環器疾患

「喫煙 循環器」の画像検索結果

循環器疾患とは心臓をはじめ全身の血流疾患に関する影響です。

タバコを吸うことで「一酸化炭素」が体内に取り込まれます。この一酸化炭素を取り込むと体に酸素を運ぶのを阻害してしまいます。

体内の酸素が欠乏してしまうと血管が硬くなる「動脈硬化」が進み脳卒中・急性心筋梗塞・大動脈解離などの循環器疾患を発症する可能性が高くなってしまいます。

硬くなると壊れやすくなってしまうのです。ストローは落としても壊れることはないですけど、ガラスの棒なら落としたら割れてしまいますよね?そんなイメージです!

たばこ吸っている人と、吸っていない人を比較すると心筋梗塞で死亡する確率は2倍以上になるのです。

呼吸器疾患

「喫煙 呼吸器」の画像検索結果

喫煙は循環器疾患の他にも呼吸器の疾患にも関与しています。

呼吸器とは主に肺に関すること思ってもらっていいです。

肺気腫・慢性気管支炎・気管支ぜんそくや、がん、低出生体重児など、さまざまな疾患の発症に影響しています。肺がんのうち、たばこが原因と考えられる肺がんの割合は70%に及びます。

つまり喫煙者が呼吸器の病気になった場合の7割が、たばこを吸っていなければならなかった病気であるということです!

タバコの何が身体に悪いの?

身体に悪いタバコですが、具体的になにが身体に悪いのでしょうか。

タバコには三大有害成分と呼ばれるものがあります。

1つずつ紹介していきますね。

ニコチン

「ニコチン」の画像検索結果

ニコチンとはタバコへの依存性を高めるものです。

喫煙することで急激に血中にニコチンが上昇することで依存がつくられます。
個人差はあるのですが、この依存性は麻薬に匹敵するとも言われています。

喫煙の五分後に血液中のニコチン濃度はピークになり、二時間ほどで半分以下に減る為、ニコチン濃度を保つために断続的にニコチンを摂取してくなってしまいます。

ニコチンは依存性があるだけでなく、血管を収縮させ血圧上昇を招きます。
脈拍増加をきたし、心臓に大きな負担をかけたり、『血栓』という血の塊を血管内で形成しやすくしてしまいます。

この血栓が脳の血管や心臓の血管に詰まることで脳梗塞心筋梗塞を引き起こしてしまいます。

タール

一酸化炭素やガス状成分をのぞいたタバコ煙の粒子部分の総称です。タールにはニコチンをはじめとする有害物質や発がん性があると言われている物質を数多く含みます。

身体に悪いと言われている成分の総称みたいなものですね

「ニコチン」の画像検索結果

一酸化炭素

これは先ほども書きましたが、酸素の運搬能力を阻害してしまうものです。

私たちの血液の中には酸素を運ぶヘモグロビンと呼ばれる成分があるのですが、本来酸素を運ぶヘモグロビンが酸素の代わりに一酸化炭素を運んでしまうので、酸素が十分に行きわたらなくなってしまうのです。

関連画像

禁煙の効果

ここまで身体に害するものを書いてみましたが、今喫煙している人はもう手遅れなのでしょうか、、、。

実はそんなことないんです!!

禁煙することで身体に起こることをまとめた画像があったので貼っておきますね。

この画像でわかるように禁煙すればするほど、症状は改善していくんですね。

電子タバコと紙たばこ

近年、様々な電子タバコが登場するようになってきました。

「IQOS」「グロー」「プルームテック」

喫煙所で必ずと言っても良いほど、一人は紙たばこ以外を吸っている人いるのではないでしょうか。

これらの電子タバコは、紙たばこより健康被害が少ないと有名ですが、具体的に何が違うのでしょうか。

電子タバコと紙たばこの違い

煙が出ない!

紙たばこは葉っぱを燃やしているのに比べ、電子タバコは過熱しているため、煙が生じないのです。

あれ?でも煙みたいなのが出てない?

そうなんです。煙みたいなあの白いものは水蒸気なんです。なのでタバコの様に煙が服などについて臭いがつくことが無いのです。

「電子タバコ」の画像検索結果

有害物質が少ない

この文言はよく見かけると思います。

電子タバコは紙たばこと比べ有害物質がすくない。

この有害物質は先ほど挙げた三つの有害物質のうち、何に当たるのでしょうか。

実はニコチンは紙たばこと電子タバコではそこまで変わらないんです。(今回はIQOSで比較しています)

90%の有害物質を低減

では、なにが低減されているのでしょうか。

そうです、電子タバコで減っているのは、タール等の有害物質が大幅に削減されているのです。

なので喫煙するためにIQOSに変えるという人がいますが、依存性は変わらずにあるのでニコチンをなくさない限り、依存性は無くならないんですよね~。

しかし、健康被害が少ないのは、研究データをみると顕著にわかるので紙たばこと比較すると害が少ないとは言えますね。

まとめ

いかがでしたか。

今回はまじめな文章になってしまいましたが、身近に健康を害するタバコの影響について簡単に書いてみました。

実をいうと筆者自身も愛煙家なんですよね、、(笑)

説得力無いかもしれないですけど、百害あって一利なし」これに間違いはないと思いました。

将来のことを考え、これから喫煙を始める人が少しでも減ればと思い書いてみました。

また、禁煙したくてもどうしてもやめられない人は、一度禁煙外来に行ってみるのが良いでしょう。
様々な商品に手を出すよりも、一番の近道になることは確実ですのでお近くの病院に行ってみてください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です