あなたのシャンプー正しいですか?

毎日誰もが行うシャンプー。

毎日行う行程で適当になっていませんか?

大人になればなるほど、髪の重要性をひしひしと感じるもの。

そんな不安を抱えているにもかかわらず、何が大切で、どうすればいいかがわからないという方は多いのではないでしょうか。

シャンプー方法を見直すことで、髪がキレイになるだけでなく、薄毛予防、フケ・かゆみ予防などの効果が期待できます。

髪や顔は第一印象の八割以上を占めます。

これからの出会う人々、現在の友人、パートナーに好印象を持ってもらうためにも少し気にかけてみませんか。

「洗髪」の画像検索結果

正しいシャンプーって??

シャンプーときいて多くの方は髪の毛を洗うことを想像するのではないでしょうか。

もちろん髪の汚れを落とすことは大切ではありますが、シャンプーの目的は頭皮の洗浄です。

シャンプーで髪をゴシゴシこすって洗うと、摩擦によってダメージします。

髪についた汚れは、泡が髪を流れるだけでも落とせます。

シャンプー中は、頭皮をマッサージするような感覚で洗っていきましょう。

シャンプーの行程

ブラッシング

これから髪の毛を洗うのにブラッシング?と思う方もいるかもしれませんがブラッシングをすることで、頭皮や髪の毛についているホコリ汚れ抜け毛を取り除くことができます。

髪は濡れると固まりやすくなってしまうので、乾いているうちに取り除いてあげましょう。

おススメのブラシは「クッションブラシ」という、名前の通りブラシにクッションがついたモノ。これで頭皮をマッサージしながら髪をとかします。クッションのないコームなどでブラッシングすると摩擦により髪を痛めてしまうことがあります。

「ブラッシング」の画像検索結果

すすぎは入念に

シャンプー剤をつける前には、お湯でしっかりと髪を洗い流します。

シャワーヘッドを頭皮に当てながら、片方の指でマッサージするようにすすぎ洗いをします。

実は髪についたホコリや汚れのほとんどは、お湯だけで落ちると言われています。

すすぎは入念にしましょう。

温度に注意

髪を洗う時の温度、みなさんはどのくらいですか?

皮脂や汚れを落とす適正温度は、実は34度以上くらいがベター。理想は36度~38度です。
40度を超えると頭皮が乾燥しやすくなりますし、何よりも頭皮に対して負担になります

冬場や寒いときは温度を高く設定しがちですが、「ちょっとぬるいかも?」くらいがベストです。覚えておきましょう。

シャンプー剤で洗う

シャンプー剤は適量を守って使用しましょう。

しっかりとすすいだつもりでも、シャンプー剤を洗い流しきれずに終わっている方も少なくないはずです。

シャンプー剤が残ったままになると、頭皮のトラブルの原因になります。

シャンプー剤を手に取り、手のひらで空気と水を混ぜるように泡立てます

関連画像

もちろんこんなに泡立てる必要はありません(笑)

最初のすすぎがしっかりとできていれば、ワンプッシュでも泡立つはずですよ。

洗う順番

手順1.後頭部(左右の耳の後ろ・襟足)

耳後ろには太いリンパが流れているので、ここをマッサージすることで、老廃物も流れやすくなります。

手順2.側頭部(左右の耳の上・こめかみ)

左右の耳の上から頭頂部に向かって、側頭部を指の腹を円を描くように動かしながら洗い上げていきます。

手順3.頭頂部(つむじ)

後頭部から頭頂部に向かって、指の腹をジグザグに動かしながら洗います。

手順4.前頭部〜生え際

前頭部もマッサージするように、指を動かし優しい力でシャンプーしましょう。

髪の毛を洗う時って上下に指を動かしていませんか?

この時のポイントとして頭皮の上で、指の腹を使って弧を描くようにすること。
この基本動作を行うことでシャンプー剤が泡立ちます。泡立ったシャンプー剤は髪に浸透するので、髪自体を指で刺激しなくてもいいんです。むしろ爪を立てて髪を刺激してしまうとダメージにつながります。

髪の毛を洗う時は爪を立てることだけはしないでくださいね。
顔は爪で洗わないですよね?頭皮も顔と同じくらい敏感な皮膚なのでやさしく洗ってあげましょう。

しっかりと洗い流していこう

シャンプー剤を使用したあとは、いよいよ仕上げのすすぎですね。

この最後の行程を適当にやってしまうと、頭皮の老廃物として残ってしまうのでしっかりと洗い流していきましょう。

だいたい3~5分程度と言われています。
実際に測ってやってみると長く感じるかもしれません。ですが毎回時間を測るのは面倒ですよね。

ある程度流した後は汚れが落ちにくい場所を確認してみましょう。

  • 耳の裏
  • 頭頂部
  • 髪の生え際

この3点を確認してみましょう。洗い残しが多い3点ですので最後に確認する癖をつけてみましょう。

おまけ(トリートメント)

最後に、トリートメントを適量手の平にとり頭皮ではなく髪の毛にのみ付けます。

頭皮に付けてしまうと、これもフケ、かゆみの原因となります。

「頭皮に付けていいトリートメント」以外は、絶対に頭皮に付けないで下さい。

付いてしまった場合、シャンプー同様残らないように十分に洗い流してください。

朝シャンと夜シャンどっち?

結論としては夜にシャンプーすることがおススメです。

夜寝ている間は、成長ホルモンが活発に分泌され、新陳代謝が活発に行われます。

そんな大切な時間に頭皮が、皮脂やホコリなどで汚れている状態でいると正常に新陳代謝が行われません。

寝る前には、清潔な頭皮でいることがとても重要です。

忙しい朝にシャンプーすることで、すすぎ残しをしやすくなるという点などもデメリットとして考えられます。

その日のうちに洗髪をして就寝するように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか。

正しいシャンプーできていましたか?

意外と知られていないことが多かったのではないでしょうか。
毎日の繰り返しで数年後、数十年後の髪の毛、頭皮環境が変わってきますので、すこし意識してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です