今が最終警告!?ハゲるかの分岐点

「あれ、なんか髪薄くない!?」

このドキッとする言葉、一度でも言われたことがある人いませんか?

「薄毛 メンズ」の画像検索結果

まだ若いし平気でしょ?

残念ながらそんなことはありません。1度でも言われたことがある人はもうイエローゾーンです。

日本人は3人に1人は『AGA』であると言われています。
『AGA』とは「男性型脱毛症」のことです。
CMなどで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

数年後に後悔しないために今のうちに髪や男性ホルモンに対する正しい知識を身につけましょう。

若いうちにこそ気を付けるべきことを紹介していきますね。

薄毛の原因は?

「薄毛 メンズ」の画像検索結果

高校生でもつむじハゲになる人はいます。よく言われる「若ハゲ」といわれるものです。

薄毛にはいくつかの原因があります。

  • 栄養不足
  • 睡眠不足
  • AGA(男性型脱毛症)

原因が上の2つの場合は、今すぐに改善できるものですので、心当たりがあれば今日から実践してみましょう。

栄養不足

食事バランス乱れていませんか?

すぐに改善できるものとして食事バランスに気を使うことです。

揚げ物や、甘いもの、ジャンクフードばかり食べていると当然栄養は不足しがちになってしまいます。

少しでも当てはまるなと思った方は少し意識して以下の栄養素を摂取できる食事をしてみてください。

  • タンパク質:肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品

肉類なら鶏ササミ、乳製品ならパルメザンチーズなどに豊富に含まれています。
またタンパク質は筋肉を作るためにも必要なので筋肉をつけたい人には一石二鳥ですね。

  • 亜鉛 

亜鉛の摂取はなかなか難しいです。食材だと牡蠣に豊富に含まれています。
しかし牡蠣を毎日食べることはなかなかできませんよね。
なので僕は亜鉛の摂取はサプリでもいいかなと思います。DHCなどから安価で手に入れることができますからね。
実際に僕も亜鉛のサプリを飲んでいます。

  • ビタミン :緑黄色野菜、レバー、果物

ビタミンは身近な野菜を中心に多くの食材に含まれています。
自分の容姿のためなら好き嫌いを言ってる場合ではありませんね。工夫しておいしく食べれる方法を探しましょう。

極力、ジャンクフードは避け、高タンパク、高ビタミンの食材を摂取しましょう。

難しければ、サプリで摂取するなど工夫も良いでしょう。

睡眠不足

1日の睡眠時間は何時間ですか??

「快眠」の画像検索結果

十分な睡眠を取れていますか?

ついつい夜更かししてしまうことがある人も多いのではないでしょうか。

私たちの身体や髪の毛を作る頭皮にある細胞は、夜の睡眠時間により活発に生まれ変わっていきます。

睡眠は浅い眠り深い眠りを交互に繰り返します。深い時間の時に成長ホルモンは活発になります。

睡眠時間が短いと浅い眠りしかできず、成長ホルモンの分泌が少なくなってしまいます。

そのため1日6~7時間の睡眠が必要なんです。

寝る前に携帯をいじったりして興奮状態の入眠でも深い眠りにつけないそうです。
極力、目に直接の刺激をひかえ、音楽を流すなど寝る前の健康ルーティンを作ってしまいましょう。

AGA(男性型脱毛症)

父さんが禿げていると、将来禿げる。

こんなこと聞いたこと、ありますよね?

これは本当なのか。なぜそのように言われいるのか説明していきます。

親から遺伝されると言われている禿げる2つの要素があります。それは

  • 5αリダクターゼの活性度
  • 男性ホルモンレセプターの感受性

この2つです。

5αリダクターゼの活性が高いと『DHT』というものを作り出してしまいます。

このDHTが男性ホルモンレセプターと結合することにより、髪の毛が抜けてしまいます。

そのため、禿げは遺伝すると言われているのです。

この髪が抜ける症状をAGAといい、AGAは遺伝するといえますね。

 

AGA対策として最も有効なのは、DHTの生成を阻害することです。

辛いかもしれませんが現実を述べると、AGAの人はシャンプーを変えたり、市販の育毛剤を使ったところで、髪は増えません。

髪が生えるシャンプーなど無いということを、しっかり理解してください。
もちろん頭皮環境を整えることができますので、シャンプーにこだわりを持つことは大切です。

しかし髪を増やしたいのであれば、発毛剤を使用するしかありません。
代表的なものはミノキシジル等ですね。この薬は副作用もあれば価格も高いです。

発毛には時間をお金がかかってしまいます。

 

しかし現状維持なら、低費用で可能です。

シャンプーやサプリで現状を維持することは可能なので、僕はできる限り早めの行動をお勧めしていました。

なので手遅れだと思う前に行動を起こしましょう。冒頭に述べた

「あれ、なんか髪薄くない!?」

これは紛れもなく手遅れギリギリラインです。すぐに何か行動に移しましょう!

おススメのシャンプー

頭皮環境を左右する最も重要なものがシャンプーです。

何を使うかで頭皮環境がガラリとかわります。

「頭皮 メンズ」の画像検索結果

 

僕のおすすめを紹介しますね。おすすめは大きく分けて2点。

  • アミノ系シャンプーであること
  • 泡立ちが良くできること

この2点が当てはまっていれば、とりあえずは良いかなと思います。
他にも成分とかもありますが、値段も高くなってしまうので必要最低限なものを紹介します。

この2点に共通することは、頭皮を傷つけず頭皮環境を良くすることです。

アルカリ性は頭皮や髪には刺激が強くあまりお勧めできません。

また、泡が汚れを落とすのですが、その泡が作れないと意味がありません。
頭でゴシゴシしないと泡立たないものは、そな摩擦で頭皮を傷つけてしまっている可能性があります。

そのため泡立ちやすく、頭皮に優しいアミノ系のシャンプーをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか。

若いうち、学生のうちはまだ大丈夫と楽観視しがちですが、そんなことはないのです。

将来高いお金をかけて治療することになる前に、今にうちから準備できることは準備していきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です